SEO会社が考える大阪、神戸などの地域限定キーワード

SEO会社を長年やってきて、多くの会社が大阪、神戸などの地域限定キーワードを含むワードでSEO対策を行ってきました。それはリアルビジネスが地域密着で行っているということが一番の要因です。

最近のGoogleの検索アルゴリズムにおいて、リアルビジネスの影響は大きく反映され、地域密着で行っている場合は多くのサイトで評判になっていたり、知名度のあるサイトを評価しているのです。昔のように、内部対策で簡単に順位が上がるというのは難しくなってきております。

内部対策といっても本当にリアルビジネスとして地域に根づいた情報をより多くコンテンツとして掲載する必要があります。単にSEOのためにというのは内容も、不十分になることがおおくあります。

そのため、地域情報、地域での運営会社の取り組みなどをより詳細にコンテンツとして落とし込む必要があります。

目次

  1. 地域で評判になるとSEO的には有利
  2. どうしたらより多くのサイトで引用されるのか?

地域で評判になるとSEO的には有利

2020年以降のGoogleの検索アルゴリズムにおいて、被リンク以外の外部での評判の評価は大きく検索順位に影響を及ぼしています。従来ではGoogleの検索アルゴリズムで評価されてきたのは被リンクと言われるものでしたが、今はそれに引用も評価されています。

いろいろな複合キーワードや専門用語を検索してみるとわかります。多くのキーワードの順位で上位に表示されるものは完全にその複合キーワードや専門用語を説明するためのサイトになっているのです。

Googleはどのコンテンツが正しいのか、どう評価されているのか?を知っているかのようです。本当のことを言っているページ、みんなが信用しているページを知っているのです。

同じことを表現してもそのページ、コンテンツの属性を評価していると考えられるのです。引用などで使われるデータ元は評価され、社会的に信用されているサイトに記載されている事柄、商品なども高く評価されている可能性があるのです。

どうしたらより多くのサイトで引用されるのか?

では、どうしたら多くのサイトで引用されるようになるのか?また、地域密着情報を多く含むサイト、ページで引用されるのか?ということになります。主に次の施策があります。

  1. 1.SNSを利用してバズるような施策をする
  2. 2.地域コミュニティへのプレスリリース
  3. 3.イベントへの参加
  4. 4.商工会議所、学会、協会などへの傘下

1.以外はこれらはすべてリアルビジネスと連動するのものです。ネット中心でのビジネスだけでは今のGoogleには評価されないのです。実際のビジネスでも地域に貢献する、地域に根付くことをGoogleは評価しているのです。

2.に関しては地域限定キーワードでない場合は通常のプレスリリースとなります。プレスリリースを行うような会社を評価しています。

まずは、運営サイトのコンテンツ作り、みんなに知ってもらうような施策、そしてリアルビジネスでの社会貢献を考えるといいでしょう。

SEO会社が考える「E-A-T」


営業時間/9:00~17:30 平日
TEL/0120-28-6789

説明不足により、ご不明な点がございましたら、大阪、東京のSEO会社ティーケイティー
お気軽にお問い合わせ下さい。

ページのトップへ戻る